イカパターン

バチパターンと並んで、大阪湾独特の(本当は全国的に
そうなんですが・・・)ベイトが、この時期のスルメイカの子供。
シーバスはこいつが好物で、釣り上げた口から大量に飛び出してきます。

このスルメイカパターンがハマるのは関西でいうと、六甲アイランド、
ポートアイランド、神戸港内の停泊船周りです。南港付近は汽水に
なるのでイカがあまり入ってこない感じですね。こちらはバチパターンで
攻めていきましょう。

で、このイカパターンの時にオススメルアーですが、こいつに関しては
チャーターキャプテンをやりながら散々試しました。その結果ルアーと
しては(あくまでも個人の感想)「ローリングベイト」一択といった
感じです。

こいつを投げたら、沈めて、ただたゆっくりと巻き上げてきます。
アクションはルアーがやってくれます。早すぎないようにゆっくりと
巻き上げてください。

お気に入りルアー(もちろん釣れます)その2



その2は、大阪湾にスルメイカが入ってくる今の時期大活躍なルアー
タックルハウスのローリンベイトです。

この潜水艦のようなルアー、独特のローリングアクションで普通のミノーに
反応しない時に爆発します。
一度スルメイカが入ってきたときに、このローリングベイトと通常のロング
リップのシンキングミノーでボートに乗って釣り比べして検証したことが
あるのですが、5倍以上ローリングベイトの方がつれましたね。
特にこのチャートバック系は5,6月の夜の大阪湾では無敵です。
使い方はややゆっくりめにただ巻くだけ。これで釣れます。