武庫一でワインドリベンジ

せっかく「ワインド」っていう新ジャンルに手を出したってのに、まったくもって満足のいく釣果が出せてないわけで、このままではイカんと、太刀魚情報で賑わう武庫川一文字にショアジギングとワインドの2本立てでいってきました。

まぁ、時合は夕方なので3時ごろ渡ればいいかな、、でもまぁ鯖とか釣れたらうれしいからちょっと早めに行こうか。。

これが運命を左右することになろうとはこの時はまだ知る由もありませんでした。
12時に弟が迎えに来てくれ、そのまま湾岸線で「武庫川渡船」へ。この武庫川渡船、昔の齋藤渡船と宮本渡船が合併してできた渡船屋さんなんですね。おかげでカバーエリアが一番になり武庫一へ渡す中では最大手になりました。
で、予定よりかなり早めの一時頃到着。船着き場の横の駐車場に入れようとしたら係の人が走ってきて

「すみませーん、釣り場いっぱいなんでもう渡しストップかかってます」

えーーーーっ!!せっかくきたのにそれはない。急きょ近くの西野渡船に電話。なんとか受け付けているとのことなので大急ぎで移動です。

着いたのが2時すぎ。乗船手続をすますと、受け付けの電話の声が
「すみません、ストップしました」
あぶない!!万が一3時にとかのんびり構えてたら乗れませんでした。タチウオの魔力恐るべしですね。

西野渡船のカバーエリアは7番8番、そして西の端の9番。
接近しながら空いているところをみつけ、8番で降りて2人でダッシュ!なんとか2人分の釣り座を確保できました。
2015-09-20 15.48.21
さぁ、釣り開始。時合は6時頃、それまで60gのジグを遠投しますがあたり無し。しかし、3時ごろ目の前でボイル開始、シイラとサワラが飛びまくってます。
2015-09-20 19.27.04
これはイタダキ!のはずでしたが、ベイトが多過ぎるんでしょうね。かすりもしませんでした。そうこうするうちにぱらぱらと太刀魚が釣れ始め、まずは

弟がワインドでGET
2015-09-20 17.05.56
次にやっとわたしもワインドでまともにHIT!
???ところが、走る走る、一気に15mくらいラインを出され、巻いたら巻いたでまた走る。横に走るので明らかに太刀魚ではありません。スピードがあるからエイでもない。正体は・・・
2015-09-20 19.26.412015-09-20 17.25.19
72cmのうまそうなぷりっぷりのサワラでした。PE1号でよくとれたなぁ。
みぎにいたおっちゃnが、こっち魚かかってるのわかっててしかけをかぶせてきたので(こういうマナーの悪いおっちゃんいます。人が釣ると腹立つんでしょうね)その内側にスプール押さえとロッドワークで泳がせて最後は弟がランディングしてくれました。HITルアーはアンチョビミサイルの28g

その後太刀魚数本追加して時合終了。
時合が終わるとウキすら沈まない状態だったので予定より1時間早く納竿としました。

武庫一の太刀魚、時合は6時~7時。この間が勝負です。サワラのボイルはワインドでとどくか届かないかのギリギリのところでおきるので、ショアジギロッドがあると安心です。
ワインドのあたりは10回近く。しゃくった後のテンションフォール中にあたります。周りが釣れてる時は中層、静かになったら底狙いでしゃくりましょう。

サワラはつれたら即血抜きし、内臓をきれいに取って(特に腸付近)、血合いも落として持って帰ったら刺身で食べても多分大丈夫(自己責任で)。寄生虫(アニサキス)は宿主が死ぬと内臓から身に移動するので速攻内臓をとりましょう。
サワラの刺身は刺身で一番上手いと言われるほど甘くてもちもちです。当然今回のサワラも刺身、ポン酢焼きで堪能しました。

明石でのジギングで生首が釣れた。。。

ボートシーバスに行くつもりが、「シーバスは絶滅危惧種並みに釣れない状態」ということなのでOHさんと共に明石海峡へジギングへ行ってきました(しかし、全然シーバス釣ってない。。)

まずは須磨沖で大アジ狙い。群れは散ってしまってましたが魚探に移るとポロポロと釣れました。豆アジと違うので3本も釣ればお土産には十分です。
2015-09-06 23.54.32

そして明石海峡大橋手前の潮目でその事件は起きました。。
OHさんは船首で、私は後ろでしゃくってたのですが、いきなりOHさんが「うわぁっ!」という声と共に後ろへ走ってきました。何事ですかと聞くと、ビニール袋を釣ってしまい、フックがはずれないのでタモですくって針を外すとなんとそのビニール袋から「髪の毛」がはみ出ていたというのです。
問題のビニール袋は船首のタモの中。こわごわ見てみると、大きさはちょうど人間の頭くらい、明らかに濡れた人毛の質感の髪の毛が一房、結び目からはみ出ています。

一瞬で船上は凍りついた空気に。とてもじゃないけど全員袋を開いて確認する勇気はありません。先日神戸で人の手が浮いているのが発見されたということもあり、118に電話して海上保安庁にきてもらいました。

保安庁が到着しても、結局事件性のある場合彼らも現物に手を触れることはできないのでこんどは水上警察に電話し現場待機。時間だけがどんどん過ぎて橋の下では転流の時合いに向けて船団ができているのに動けず・・・

やがて水上警察と鑑識が到着し、緊張した空気の中現物確認。。。。。。

「・・・・マネキン。。ですね。。」

はぁ~・・・良かった。
どうやら散髪練習用のマネキン頭部でした。もちろん髪の毛は人毛です。もうね、ふざけるなと。こういうものをビニールに入れて海に捨てるバカはくたばれと言いたい。船長は過去3回、私も船長業務中に1回本物に遭遇してますがこういう場合報告義務があるので客は足止めをくらって釣りどころではありません。

検証後、鑑識の人が一言。
「拾得物扱いになりますが、落とし主が現れない場合、、、これいります?」

いらんわっ!!

その後、時合の終わった橋の下でなんとかメジロをゲット。
2015-09-05 14.14.342015-09-06 20.10.50
アジも合わせておいしくいただきました。

しかし、、ホント疲れたけど、笑い話ですんでよかった。。

ポーアイ沖堤で太刀魚リベンジ

前回甘く見ていた太刀魚にフラれたので悔しくて弟と太刀魚リベンジ行ってきました。
念には念を入れて、太刀魚が釣れているという情報のあった神戸沖堤防、中でも一番沖で一番潮通しの良いポーアイ沖堤防にチャレンジ。

時合が夕方なので15時の神戸渡船で出船です。
2015-08-23 14.30.29
乗り場がややこしいですけど、ここで待ってたら船を持ってきてくれます。
2015-08-23 16.46.49
ポーアイ沖堤防到着、ここは広くて、海面まで近くていいですね。気に入りました。
2015-08-23 16.46.42
フルキャストかます弟。なかなか綺麗なフォームです。
波止の先に強烈な潮のヨレが出来ているのがわかりますでしょうか?
明るいうちは久々のピーカンでクソ暑かったので程ほどにキャストで、サワラでもくればなぁという感じでしたけど、日が陰り夕暮れに近づくとテンションも上がってきます。
2015-08-23 18.24.06
で、一瞬の時合いに弟がナイスサイズゲット
2015-08-24 19.19.31
続けて私も目の前の潮目でゲットです。

見事リベンジ達成でした。。。。と言いたいんですけど、弟は見事ワインドでGETですが、私は実はバイブレーションの早巻きなんですよね。ワインドでの釣果はゼロ。やはりこれは再リベンジが必要な感じですね。

神戸沖堤、ポーアイ沖、ベイトは15cm前後のサヨリ、7,8cmのイワシ、同サイズのイナっ子が山ほど回ってます。フィッシュイーターが入ってくればパラダイスになる感じムンムンですね。
当日は5防でナイスサイズのシーバスが上がったそうです。釣果情報に注意してサワラなりハマチなりシーバスなり太刀魚が釣れだしたら、即!行かれることをおすすめします。