トップペンシルの使い方で最近気づいた事

シーバスをはじめ、フィッシュイーター系を狙うルアーの一つに「トップペンシル」ってのがあります。ペンシルベイトとか呼ばれることもありますね。引いてもポッパーほどのスプラッシュを上げることもなく、ただ水面をヘロヘロと漂う、または竿先を細かく動かしてピコピコと動くだけのルアーで、実際こんなのつかうよりポッパーを使う方がよほどアピールも強く魚が釣れると信じ込んでいました。

しかしながら石垣島でGTをやるようになると、なんといってもメインのルアーがトップペンシルであり、こいつの動かし方ひとつで釣果が左右されるわけで、とにかくどうやって動かせばいいのかどうすればどう動くのかそればっかり考えて何百回とキャストを繰り返しています。

で、もちろんこれが正解!というわけではありませんが、一番魚に効果的な動かし方ってのがなんとなくわかってきましたのでご紹介。

まず、ほとんどのトップペンシルはおしりを下にして三分の二ほどを水中に入れて水面に立ちます。
この状態で軽くラインにたるみをつけてから「クイッ」と引いてやると、水面に出ているルアーの先端が勢いよく水面に突っ込み、ポチョッ!という音と軽い水しぶきを上げます。

ここまでは大体の人ができます。ところがその大体の人が直後に糸を緩めて最初の状態に戻してしまいます。私も実際そうやって使ってました。でも肝心なのはポチョッ!と言わせたあとです。

竿先をつんっっとやってルアーの鼻っ面が水面に潜ったら、糸を緩めずにリールを2,3回巻きます。するとトップペンシルは水面下20cmほどの場所を体をクネクネと動かしながら泳ぐんです。そして巻くのをやめると再びルアーは浮上し水面に立ちます。ほとんどの場合この瞬間にばこっ!と魚のバイトがあります。知ってる人にとっては「何をいまさら」って感じなんでしょうね。でもおそらく8割の人は

「音と水しぶきで気づかせ」→「泳ぎで寄せて」→「ストップで食いつく間を与える」

なんてことはやってません。

これがトップペンシルのコツみたいなもので、特にシマノのオシアペンシルあたりだとこのメソッドがばっちりハマります。夏のナイトシーバスとかにも絶対有効なはずなのでぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする