キャストの運動量を計測できるナイキの「FuelBand」って知ってる?

k126.jpg

 

前々から思ってたんだけど、「釣り」って(文化・レジャー)とかに
分類されてて、(スポーツ)に含んでくれてるサイトってめっちゃ少ない
というかほとんどないですよね。
でも、1日にロッドを振る量はハンパないし、崖を下ったり、テトラを
移動したり、相当な運動量をこなしてると思うんですよね。
万歩計とかじゃなく、トータルでの運動量を測るモノってないのかなぁ
などと常々探してたわけですが、イイモノ、というかとんでもないモノ
を見つけてしまいました。

これ、海外でのみナイキから発売されている「FuelBand」というシロモノ。
内部に加速度センサーを内蔵し、装着した人の運動量を測定、BlueTooth
でiPhoneアプリで運動量、消費カロリー、歩数とかを管理できてしまい
ます。

ちょっと前に流行ったゲームっぽい万歩計みたいに、ゴールをセットして
目標運動量を目指す使い方もできるし、ムービーを見てもらうとわかり
ますが、とにかくカッコいい!!これを付けるだけで普段の生活すら
スポーツにしてしまうというアイテムです。

海外では発売後15分で売り切れになってしまうほどの人気アイテムで
まだ日本国内では正式に発売されていません。ロンドンオリンピック前
から実は話題になっていて、国内でもひそかにアスリートの間で出回って
いました。釣りに限らず、いろいろ活用できそうなアイテムだと思います。
なかなかCoolだと思いませんか?

▼ホワイトアイスSサイズ
⇒Nike+ ナイキ FUELBAND WHITE ICE Sサイズ|直輸入品
▼ホワイトアイスM-Lサイズ
⇒Nike+ ナイキ FUELBAND WHITE ICE M-Lサイズ|直輸入品
▼ホワイトアイスXLサイズ
⇒Nike+ ナイキ FUELBAND WHITE ICE XLサイズ|直輸入品
▼ブラックアイスSサイズ
⇒Nike+ ナイキ FUELBAND BLACK ICE Sサイズ|直輸入品
▼ブラックアイスM-Lサイズ
⇒Nike+ ナイキ FUELBAND BLACK ICE M-Lサイズ|直輸入品
▼ブラックアイスXLサイズ
⇒Nike+ ナイキ FUELBAND BLACK ICE XLサイズ|直輸入品
▼ブラックSサイズ
⇒Nike+ FUELBAND Black Sサイズ|直輸入品
▼ブラックMサイズ
⇒【送料無料】nike+ fuelband ナイキ フューエルバンド Mサイズ
▼ブラックLサイズ
⇒【送料無料】nike+ fuelband ナイキ フューエルバンド Lサイズ
▼ブラックXLサイズ
⇒Nike+ FUELBAND Black XLサイズ|直輸入品

シマノエクスセンスDC販売情報最新

ex

発売からかなり日にちがたち、それでも依然超品薄状態なのですが
ぽつぽつと予約を受け付けるショップが出てきたシマノのベイトリール
エクスセンスDC

先日のボートシーバスの時に所有している友人が持ってきて1ozの
ウッドルアーをロングキャストしてました。
「ニーーン」というDCの発する音とともに、とにかく飛距離が出ます。
通常のベイトリールは人間がブレーキをコントロールしているわけで
当然必要以上のサミングを行っています。それが必要最低限の
ブレーキだと、実はこれだけ飛距離が出るというのを思い知らされます。

さて、話がそれましたが、現在予約受付中のショップです。
注目はアマゾンが2013年2月3日に入荷予定と公表していることですね。
ご存じのように超巨大ショッピングモールですので、かなりの数が
入荷するのではないかと思われます。
あとは、ショップごとの価格と照らし合わせてターゲットのショップを
決めてくださいね。

▼ヤフーショッピング
⇒【35%OFF!】シマノリールエクスセンスDC
  (次回 2月末 5台入荷予定/ 予約受付中 )

▼ヤフーオークション25,000円前後
⇒ヤフーオークション エクスセンスDC出品中

 

久しぶりのボートシーバス釣行レポート

今結構シーバスの反応が良いとのことなので、おかっぱりか
ボートシーバスか迷いましたが、どうせならあちこちのポイントの
状況を知りたいなと考え、古巣のチャーター業者シーパラダイス
でシーバス狙いに行ってきました。

まずは、今一番活性が高いと言われている安治川の河口付近へ。
現着すると、すでに何艇かのチャーター屋さんの船が浮いていました。
ちらほらと鳥がホバリングしており、時折水面でバシャツとシーバスの
ボイルが発生しています。魚探を見るとまっかっか。かなりの数のベイト
が入り込んでいるようです。

さて、キャストするわけですが、こういったストラクチャーも何もない
オープンキャストでは、どこへ投げればいいのか迷いますが
ベイトが集まりやすいのは、やはりなにかしらの変化のある場所です。
そこで本流筋と、その脇の水がよれている場所へ「バリッド」を
キャスト。

早めに巻いてきて、ルアーに「ぐっ」と抵抗がきた場所でいったん速度を
ゆるめ、わずかにバリッドを沈め再び速度を上げたところで「ゴンッ!」
この使い方ができるとこのルアーはハンパなく釣れます(ね、三宅さん^^)
20130109_1
60cmくらいのこれぞ回遊っ!って感じのグッドコンディションシーバスを
2投目でゲット。
ベイトは6,7cmのカタクチイワシの子供。シーバスはこのベイトについて
回っており、岸からも十分に射程距離内です。
場所としては河口の天保山から、弁天埠頭あたりまでですね。
タナは以外と浅め。水深は8~11mくらいですので、岸からは飛距離の出る
小さめのキャスティングジグで狙うのがいいでしょうね。
カラーはチャートグリーンが好反応でしたが、どんな色でもアタリは出ました。

とにかくベイトの量がハンパなかったので状況にもよりますがまだまだ
釣れると思います。

日が昇り安治川の活性が下がってからは、あちこちランガンし、
10数本取って終了としました。ほかに良かったポイントは木津川河口で、
こちらも魚探が真っ赤で、シーバスはそれについている感じですね。
20130109_2
真冬ですが、かなり生命感のある海でした。ただ、ベイトのいない場所
では全く反応は無く、ポイントとしては隣同士でも、釣れる場所では良く釣れ
釣れない場所では全く反応無しでしたので、釣れない場所で粘るより
足を使って釣り歩く方が釣果は伸びると思います。

真冬でこれだけ釣れるのも珍しいですね。
ぜひ防寒対策をしてシーバス狙いにいきましょう!!