五島福江島遠征でヒラマサトップゲーム

トップゲームで狙うターゲットの最高峰は言わずもがなのGT。そう固く信じて石垣島へ足を運んできたものの、石垣島のフィッシングメーカー、フィッシャーマンの鈴木社長曰はく、同じウェイトならば五島のヒラマサのほうが引きは強烈かもね。。。

ヒラマサ。ブリと並ぶ青物の代表選手。ブリは大きくなってもせいぜい1m。150cmの記録もあるらしいけど一般的に釣れるサイズとしては1mもあれば大物だろう。ところがヒラマサは記録としてはなんと250cm96Kgの記録を持っている。しかも五島では春のシーズンにメーター越えの30Kgクラスがけっこうあがっている。。

ヒラマサはその引きも独特。GTは横に走る走るパワフルファイターなのに対してヒラマサは船の下まで来てからが大変。とんでもないトルクで真下に突っ込み続ける。知人はこの締め込みに耐え切れずにロッドに一本背負いをくらい海に放り込まれた。

そうなるとなんとしてでも釣ってみたいのが釣り人の人情ってもので、行ってきました長崎五島は福江島のヒラマサトップゲーム。

春のベストシーズンの時期は過ぎていたものの、それでも60cmクラス中心にデカマサもまじるとのことで気合を入れていってきました。

大阪から直行便は出てないので、長崎空港から五島福江島へと小型プロペラ機で向かいます。


かわいい五島福江空港へ到着。先行で五島入りしていたOHさんに迎えに来ていただき、なんとその足で直接出船。


滞在期間は3日。石垣と違い短いので1日も無駄にできません。初日はいい天気。カスミ用のカーペンターブラックカレントカスタムのマジョーラカラーがとんでもなくきれいです。

 
無心にトップを投げ続ける横で、カブラで高級魚を連発する大阪池田にあるイタリア料理店「メルカート」のマスター。まるで釣り名人の風格です。

五島恵比寿丸の渋田船長が潮目のよれを徹底的に狙って船を流していきます。船を流す読みが抜群にウマイ。同じ船長やってたからこそ分かるいぶし銀的操船です。

で、ルアーをフィッシャーマンのフラットベイトから、サイズダウンしてOHさんおすすめのオシアペンシルにチェンジしてすぐにドバン!と水面を割って青物HIT!

この時点ではブリかヒラマサかまだ分かりません。ところが船に寄せてからの突っ込みが半端ない。間違いなくヒラマサです。
案の定、あがってきたのは70cmオーバーの若マサでした。

最終日に、このヒラマサよりもはるかにでかいブリを釣り上げたのですが、このヒラマサのほうが何倍も引きが強かったですね。確かにヒラマサ、半端ないです。

ちなみに今回五島に招待していただいたOHさんは

こんなヤツを仕留めています。私が釣ったのであの引きだったので、こんなのがかかったらと思うとゾッとしますね。。半面ワクワクもしますけど。

とにかく感じたのは五島は豊かな海だってこと。こんな素敵な場所を教えてくれたOHさんと渋田船長に感謝です。